歩き方や姿勢を変えて魅力的な性格を身に着けてしまおう!

「格好から入る」という言葉は、なんだかあまり良くないイメージを持たれやすいですよね。
でも、格好から入ることも大事だと私は思います。
それはなにもブランドで固めるとと言った「格好」ではありません。
思い出してみてください。
「チチンプイプイ、痛いの痛いの飛んで行け〜」と言われたら魔法にかけられたように痛みが和らいだ経験、ありませんか?
あれは、「痛い」という気持ちを「痛くない」という気持ちに切り替えるスイッチのような役割なんです。
それと同様に、新品の素敵な服を身に着けると「私ってちょっとすてきかもしれない」「今日はきっといいことある」なんて思い、それがあなた自身を内面からも輝かせる可能性も否定できないのです。
また、服や小物に限らず、姿勢や歩き方もそうです。
身長が高いことをこどもの頃から気にしていた子は、どうしても猫背になりがち。
身を縮めるような姿勢が身についてしまっていて、どこか滑稽で頼りなく見える。
でも、これをきちんと背筋を伸ばして肩を肩甲骨側に引っ張るようなつもりで立つだけで、ずいぶん印象が変わります。自信満々なモデル風のスタイルの出来上がりです。
元気で明るい人に変わりたければ、歩き方のリズムを変えたり手の振り方を大きく変えてみればいいし、女の子らしさを演出したければスカートをはいて席に座るときに足が開かないように気をつけるだけでもイメージする女の子像に近づくのだと思います。
大事なのは、日々魅力的であることに対して努力している事。それがステキな出会いを引き付けるのだと私は思いますよ!

恋人にするなら楽しい人

好きなタイプは?って聞かれることあるよね。例えばさ、合コンとかをセッティングする時に、「どういう人がいいの?探すよ?」って言われて、思わす「うーん」って迷っちゃったりするんだよね。
大抵が「優しい人」って答えるんだけど、それから「楽しい人」っていうのも結構大事かなって思う。一緒にいて楽しい人。でも、付き合ったら、自分に優しくて、一緒にいて楽しいなんて当たり前だと思うんだよね。そうじゃない人となんて付き合うなんて考えられないもんね。
でも、合コンとかで出会って、楽しい人だなーっていうトーク能力ってすごく大事だと思う。そういう人って見た目も気を使ってる場合が多くってやっぱりカッコ良かったりするしね。なんていうか、合コンに対して真剣に挑んでるよね。
いろんな、楽しい話しをしてくれたら、自分も楽しい話しを提供しやすいし、この人と一緒にいられたら楽しいだろうなぁって付き合ってる時も想像しやすいよね。
でも、実は楽しい人よりも実直な人が好きとか少し物静かな人がいいっていう場合もあるかもしれないよね。だってさ、一緒にいていつもいろんなことやっていて、話しかけてくることが自分の興味のあることばっかりって言われちゃうとちょっと焦るところってあるよね。何この人!みたいな。
ちょっと楽しいけど、自分の話をしっかり聞いてくれる人。そういう人に出会いたいよね。